さとうあきこの活動・育児日記

akiko2ki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

f0004698_12212967.jpg 午後から、山形市女性団体連絡会が主催した表題のシンポジウムに、7名の山形市議パネリストの1人として参加しました。
 私は、各地域で避難所を運営することになると、普段の地域の姿が反映されることを指摘。障がい者や高齢者、女性への接し方が普段から問われると述べ、女性防災士の養成など、女性が力を発揮できるしくみづくりを提案しました。
 また、普段力を入れている活動を問われ、この日とりくまれていた「女の平和」行動に連帯して赤いスーツを着てきたことを紹介するとともに、女性が活躍するためには保育や介護施策の充実が必要と訴えました。

 この日、同じ福祉センターの1階ではキャンドルリンクネットワーク主催で「双子のキャンドルナイト」がとりくまれ、参加者は蜜蝋でそれぞれ2本のろうそくを作成、1本をセンター前のひろばで火文字として灯し、もう一本を持ち帰りました。帰りに女性市議数名で参加しました(写真も撮ってもらいました^^)
by s-akiko01 | 2015-01-17 22:18 | 活動あれこれ

滝山新春祝賀会

f0004698_12165586.jpg ヒルズサンピアで17日、滝山地区新春祝賀会が行われ、来賓としてあいさつしました。「今日阪神淡路大震災20年。国はインフラの整備には熱心だったが人々のくらしは守らなかった。地方の政治は震災で変化した市民の意識に寄り添うものであるべき」という趣旨の内容を述べました。
(写真は渡辺ゆり子県議)
by s-akiko01 | 2015-01-17 20:14 | 活動あれこれ

たつのこの雪灯篭

f0004698_12261475.jpg 毎年、阪神淡路大震災の日に神戸で灯されるキャンドルを作り送ってきた、園児たち。
 この時期には園庭に雪灯篭が出現します。
 20年経っても、2重ローンや、借り上げ住宅で苦しむ人が大勢います。ましてや4年前の東日本大震災。狭く寒い仮設住宅での冬。山形市内に避難している方も4500人以上います。
 あんなに、市民のボランティアが組織され、募金が集まって、市民の動きはすばらしかったのに、政治は何をしているのでしょうか。
by s-akiko01 | 2015-01-16 22:20 | 子どもたちのこと

観光協会との懇談

f0004698_12105660.jpg 午後2時から、霞城セントラルの観光案内センター会議室で、観光振興議員連盟と山形市観光協会との懇談会が行われ、参加しました。
 観光協会からは、平井会長はじめ、副会長や理事らが参加し、御嶽山の噴火とその後のお釜の状況などから、蔵王で2千泊のキャンセルが出たこと、樹氷となるアオモリトドマツなど山の保全や、大鳥居の修繕などの課題が出されました。また、4ヶ国語表示などのインバウンド対策、バス料金値上げへの対策、西蔵王高原ラインの無料化など、さまざまな意見が交わされました。

 午前中は、新山神社のお柴灯のお手伝いで、玉こん作り。夜のお柴灯では、夫がお手伝いしました。
昨年からはじめた、煮卵もとってもおいしくできていました! 
by s-akiko01 | 2015-01-15 22:08 | 山形市の行政
f0004698_2241341.jpg実現 福祉灯油

 これまで、予算要望や県・市への申し入れ、各種団体との懇談、12月議会などで実施をもとめてきた福祉灯油が、7日の臨時議会で可決されました。
 対象は、住民税非課税世帯の高齢者(65~)、重度障がい者、1人親世帯など1万2千世帯です。
 2007・8年に行われた灯油券とは違い、口座への振込みが行われる形です。灯油券の印刷を省き、給付を急ぐとの説明がありました。今月中旬から対象者にお知らせが届き、振込口座を記入して返信します。早い方は1月末から給付が始まります。
 厚生委員会で私は「市民生活を支えるという行政のメッセージにもなり、大きな意味がある。対象者は住民基本台帳で抽出するとのことだが、福島からの避難者へも適用を検討できないか」と質問。「避難者として登録されていれば、市民と同じ基準で給付する」との答弁に対し再度、「福島との2重生活を考慮し、柔軟に対応できないか」と求めましたが、「あくまで市民と同じ基準」との答弁でした。

国保運営協議会 税率引き下げを答申

 予算要望や、決算・予算のたびに引き下げを求めてきた国保税ですが、新年度からの税率改定について、国保運営協議会に税率引き下げの諮問が行われており、今日、答申が行われました。
 単年度収支は赤字になる見込みですが、基金をとりくずして平均3.3%の引き下げを行います。
 国保税については、過去には平成25年度から制度を改定するとされ、のちに撤回されるなど、国の方針も二転三転してきました。一方で国の負担割合は減らされ、所得の低い国保加入世帯の重税感は大変な状況となっています。過去の増税時には、山形市は県内で初めて法定外の一般会計からの繰り入れを行うなどしてきましたが、今回は、制度が変わるといわれている3年後に基金を0とすることで、引き下げをおこないます。
 それでも重税の国保税。さらなる負担軽減のためには、国に対するいっそうの運動が必要です。
by s-akiko01 | 2015-01-07 22:41 | 議会・本会議

新春街頭演説

f0004698_22573317.jpg 渡辺ゆり子県議、3人の市議団、新人の石山さんの5人で街頭から演説しました。
 戦後70年の節目の年でもあり、平和憲法を守る運動をすすめる事や、福祉のための消費税増税と言いながら、新年度から目白押しとなる大改悪に対し、反撃のろしをあげる年に、と訴えました。
 数では与党が絶対多数。どの問題も、市民のみなさんの運動なしには変わりません。一人ひとりの声をつなぎ合わせ、大きな力にするためにがんばります。よろしくお願いいたします。
by s-akiko01 | 2015-01-02 22:50 | 活動あれこれ

2002年4月と2005年4月と2013年5月生まれの3人(ゆうかポン・こうくん・そうっち)の子育て中。山形市青田在住の日本共産党市議、佐藤あき子の日記。


by s-akiko01