さとうあきこの活動・育児日記

akiko2ki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

f0004698_13482724.jpg 第3回山形市子ども子育て会議が行われ、傍聴しました。山形市はこれに先立ち、民間立保育所連絡協議会、私立幼稚園協会、認可外施設や保育ママへの経過説明と意見交換を行っています。

◇本質的な議論なく
 来年度から移行する新制度は、これまでも保育関係者らの強い反対の中で、制度自体が揺れ動き、複雑な内容となっています。その上、給付される公定価格が決まっていないなど、まだ制度が固まっていないことも、事態をいっそう複雑なものとしています。
 現在、ニーズ調査を経てサービスの「量の見込み」が行われ、各種事業の基準案が示されている段階です。これに基づいて、6月議会には条例が提出され、その後支援事業計画が検討されます。
 子ども子育て会議では、公定価格の骨格や、ニーズ調査から計算された「量の見込み」、各種事業の基準について、資料の説明だけでかなりの時間が割かれ、議論の時間がとれないほどでした。また、委員からも「計画より条例が先行するとは思わなかった」との発言がありましたが、実施に向けた基準などばかり国から示され、内閣府のHPを見ても、乳幼児期の発達をどう保障すべきか、「保育」とは何か、などの本質的な議論の形跡はありません。

◇公定価格は5月に「仮単価」
 事業所への給付は、1号から3号の認定を受けた子どもに対して行われるようになります。(1号は教育標準時間(従来の幼稚園部分)。2号は3歳以上の要保育で標準時間と短時間に分かれる。3号は2歳以下の要保育で、同じく時間で分けられる)
 その金額を「公定価格」としていますが、まだ示されていません。5月に仮単価が示され、その後幼稚園や地域型保育施設では、運営形態を検討することになります。
 幼稚園では、新年度の入園募集をどうするか頭を悩ませており、保育ママからは、「現在5人の預かり人数が減ったとき、運営がどうなるか。補助員がいない場合、子どもの安全は守れない」と切実な声が上がりました。

◇認可、運営基準、上乗せするが…
 新制度では、幼稚園、保育園、認定子ども園、地域型保育(保育ママ、小規模保育A型B型C型、事業所内保育、居宅訪問型保育)の各種事業が行われることになっており、その基準が示され、今後6月議会で条例化されます。
 山形市では、子どもたちの安全に関わる部分や、自園調理の給食の部分、学童保育の開所時間などについて、国の基準に上乗せをしたものが示されました。
 しかし、もともとの国の基準に不安な部分が多々あり、特に小規模保育については、保育従事者の半分が保育士資格がなくてもいいB型や、自園調理に業務委託や連携施設の搬入を可としている部分、2階以上に保育室を設ける場合についての規定があるなど、子どもの安全を守れるのか不安があります。
 質のよい保育が淘汰され、利益の上がる業者が残るようなことにならないのか、新制度の実施を目前にして、あらためて疑問がわきます。ひきつづき、子どもをとりまくみなさんと連携して、子どもの育ちと親の就労を守る立場で全力をつくします。
by s-akiko01 | 2014-04-22 22:44 | 山形市の行政

自転車教室

f0004698_13533798.jpg 4年生の自転車教室のお手伝いをしてきました。
 3年生の時にはフラフラで危なかった子どもたちも、1年間でかなり上達したようです。
 3本の国道に囲まれた小学校ですが、昨年は1件も事故がなく、PTAで自転車教室を増やした成果かも?と3年生の学年委員さんに感謝。油断せず、今年も事故がありませんように!
by s-akiko01 | 2014-04-17 22:49 | 子どもたちのこと

待機児童『ゼロ』!

 今日、市長の記者会見で、山形市の保育所の待機児童が「ゼロ」になったと発表されました。
 子どもを妊娠したとき、「保育所に入れるかどうか分からない」ことが、山形市の母親にとって、大きな不安でした。
 私が市議に立候補したとき、子どもは1歳と4歳。産休明けから保育所に預けるために、今で言う『保活』に苦労した経験から、「待機児童の解消は認可保育所の増設でおこなうべき」「保育所の入所で苦労するのは、社会から出産を歓迎されていないのと同じ」と議会でくりかえし取り上げてきました。一番力を入れてきた課題です。
 平成17年度には認可保育所26か所、待機児童226人でしたが、現在は認可保育所39か所に加え、認定子ども園4か所の計43園となり、待機児童がゼロとなりました。
 ただし、待機児童「ゼロ」は、記者会見で市長が「統計上の数字」と述べており、保育ママや認証保育所に預けながら認可保育所を申し込んでいる方や、希望園に入れない方を除いた数となっています。また、定員を超えた受け入れや、特定保育の利用でなんとかしているという状況もあります。
 子ども子育て新制度の施行も迫っていますが、保育の質の維持向上など、子どもの健やかな成長と、保護者の就労支援が両立する保育環境をめざして、引き続き全力を尽くします。
by s-akiko01 | 2014-04-15 23:05 | 山形市の行政

2002年4月と2005年4月と2013年5月生まれの3人(ゆうかポン・こうくん・そうっち)の子育て中。山形市青田在住の日本共産党市議、佐藤あき子の日記。


by s-akiko01