さとうあきこの活動・育児日記

akiko2ki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

平和劇場

f0004698_9565438.jpg 今年も平和劇場が山形市民会館で行われました。
 町内の2つの夏祭りと重なりましたが、その後、かけつけました。
 平和都市宣言事業として、市民の手で行われてきた、山形市の誇れる事業ですが、この間年々予算が減らされてきており、関係者や党市議団は、予算を戻すよう求めてきた経緯があります。近年、関係者の努力で、来場者は年々増加しています。
 平和劇場は、毎年参加者を募って行われますが、劇を通して平和を真摯に語りつぐ、大変感動的な舞台です。今年も「月光の夏」、ハンカチを忘れて失敗。今年見逃したみなさんも、来年はハンカチ持参で、ぜひご来場ください。
by s-akiko01 | 2010-07-31 22:50 | 行事
f0004698_9494059.jpg 森林産業活性化山形市議会議員連盟の研修会で、千歳山に登り、アカマツ苗の植樹現場、ロープネットによる落石防止現場を視察し、森林管理署の説明を受けました。
 地域の里山、特に松林は全国的に手入れができなくなるなど、減少傾向にあるそうです。千歳山は地域の方が健康づくりにも利用している、山形市民にとって象徴的な山。安全に気軽に登れる里山であり続けてほしいです。
 その後、環境省の事業で、東北芸術工科大学が協力して建設した「山形エコハウス」を見学しました。「カーボンニュートラル(二酸化炭素排出ゼロ)」をめざし、①山形の木材を使用、②断熱材を厚くするなど光熱費を減らす、③ペレットボイラーや太陽光発電、太陽熱温水器で自然エネルギーを使う、などを特徴としています。
 地球温暖化防止への技術は進んでいますが、費用がかかります。環境の視点からの補助の充実が急がれます。
by s-akiko01 | 2010-07-21 22:38 | 活動あれこれ

店頭回収の調査

f0004698_22572510.jpg 午前中「ごみ問題を考える山形の会」のみなさんと、スーパーやコンビニの店頭回収の状況や、レジの様子を調査しました。
 ある店舗の店長は、日曜には回収箱14~15個分が持ち込まれ、30分おきに片づけていることや、レジのごみ箱に洗わない食品トレーや箱などが捨てられること、出勤すると店舗前に家庭ごみが捨てられている状況などを話してくれました。
 また、コンビニでは、家庭から持ち込まれるごみの量が増え、有料化前の倍になったことなどが話されました。

f0004698_22574814.jpg スーパー前に「店頭回収を利用しましょう」という「もったいないネット」ののぼり旗がありました。店頭回収の分別の利用はいいのですが、汚れたトレーをレジ脇のごみ箱に捨てる姿や、レジで野菜くずやトレーなどを時間をかけて店員に渡す市民の姿が見られるようになりました。それらのごみのほとんどは産廃として処分されます。
 有料化前の説明会などで、「ごみは店に置いてきなさい」と指導していましたが、店頭回収と、マナーの悪い「汚れたごみをそのまま捨ててくる」ことが混同され、モラルの低下を招いてはいないでしょうか。分別と同時に、モラルの向上を呼びかけることが必要になっていると強く感じました。
 またこれでは、自治体が処理する一般廃棄物から「産廃」への移動であり、自治体の負担は減りますが、焼却ごみは増えます。もし、それを狙っての指導だとするなら、あまりにも視野が狭すぎます。地方自治体は、市民運動とともに、大量生産を野放しにして自治体(=住民)に負担を押し付けている、国の廃棄物行政を変える立場に立つべきではないでしょうか。ぜひみなさんのご意見をお寄せください。
by s-akiko01 | 2010-07-20 22:58 | 活動あれこれ
f0004698_8554520.jpg 昨日、「匿名」について考えさせられるちょっとした問題が2つありました。

 一つは、有料化後のごみ袋のことで、数人から相談があったのですが…。町内会で自由に使っていることになっている四角い枠(写真)に、総会で記名をすることにした町内があり、これが「個人情報の侵害」だということ。
 ごみは究極の個人情報といえなくもないので、名前を書きたくない気持ちは分かります。収集業者が町内ごとに対応が違うとも思えないので、名前を書かないから収集しない、ということはないだろうと思い、市にも確認しました。強制ではなく(当然そんな拘束力はないですよね)、収集もするということなので、書きたくない人は書かないで出せばいいと思います。
 ただ、町内会総会で決めた、ということなので、できれば町内会で良く話し合い、きちんとそうした場所で発言をして、変えていくのが望ましいと思うのです。しかし、相談者は匿名で、会長にも直接は話したくない、とのこと。分からないでもないけど、これが日本の(山形の?)社会なんだなぁ、と民主主義の遠さを実感したのでした。

 もう一つは、ツイッターで、わざわざ私のアカウント(@sato_akiko)を指定して、低レベルな共産党批判をしてきた方がいたので、お答えしたところ、その方は「かみつくな」などと書いて、ブロックして逃げてしまいました。こちらが名前も肩書も明らかにしているのに対して、指名して「からんできて」おきながら、まったくおそまつなやりかたです。この方も、山形の方でした。
 おそらく、匿名でなければ私に意見などけっしてしない方でしょう。
 (このやりとりはくだらなかったので、消してしまいました。ツイッターからは見られません)

 めだたないようにする、かげでものを決める、堂々と発言をしない、こういう「ずるがしこい」体質、確かにちょっと見にはそれでうまくものごとが進むように思うかもしれないけれど、ほんとうにそれが「うまい」ことなのか? 一人の人間として、それぞれが尊重される社会とはほど遠くないか? 考えさせられる一日でした。
by s-akiko01 | 2010-07-06 08:55 | 山形市の行政

2002年4月と2005年4月と2013年5月生まれの3人(ゆうかポン・こうくん・そうっち)の子育て中。山形市青田在住の日本共産党市議、佐藤あき子の日記。


by s-akiko01