さとうあきこの活動・育児日記

akiko2ki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

情けない 国保税増税

臨時議会で、国保税の増税が可決されました。
いろいろな意味で、情けない議会でした。

委員会質疑は、委員長権限で傍聴席が増やされ、傍聴者8名が見守る中で行われました。
質疑のはじめには、説明の資料はA4用紙1枚で、財政状況も、国保世帯の状況も、山形市の医療状況も、国保運営協議会での審議内容も、何もない状態で審議が始まりました。
私が国保世帯の職業構成や、赤字の内容を質問し始めると、他の委員から「資料がなければ審議できない」との声が上がり、急きょ運営審議会での資料が印刷され、配布されました。

前提となる赤字の試算の根拠がない

市の説明では、平成22年の赤字予測は約10億8千万円、23年が13億5千万円、24年が16億2千万円、としていますが、決算が出ている平成20年の単年度収支は1億1千万円の赤字、平成19年度は2億3千万円の赤字、急に10億に膨らむ根拠がありません。
当局は、「これまでの医療費の伸びはばらつきがあり、国の医療費の伸びをあてはめた」といいますが、不況による受診抑制や、介護施設の増設による医療費抑制など、市内の医療状況は全く反映していません。私はそのことを指摘し、「増税に反対だが、せめて結論を出すのは、赤字の試算を市内の状況を反映したものにするか、平成21年度の決算が出て、医療費の伸びが計算通りかどうか見てからにすべき」と主張しました。

すでに収納率が87%に減少、国保世帯の所得は毎年低下

所得に対する負担割合は、協会けんぽなどの約2倍の負担となる重い国保税は、払えない世帯が増加しています。また、保険証のかかった医療保険を滞納するのは、よほどの理由があります。滞納者の理由を質問しても、把握されていませんでした。国保世帯の所得は100万円以下が53%。増税していい状況ではありません。私はそれらを指摘したうえで、「所得100万円の方にとって、1万円がどれだけ重いか。それが、この案では3万3千円もの値上げになる」と述べました。

職業構成も把握されていない

農業、自営業、無職者、被用者の割合を質しても、把握されていません。
農業・自営業は今大変な状況にあり、また社会保険に入れない被用者とは、不安定就労者が多く、この構成だけでも、国保加入世帯の大変な状況が分かります。

一般会計からの繰り入れの上限に根拠はない

今回、一般会計からの繰り入れを4億5千万円としており、他の委員や市長答弁では「国保に加入していない世帯もあるから」と説明されました。しかし、「使わない人がいるから」と道路をつくる予算を減らすでしょうか。「子どもがいない世帯もいるから」と保育予算を減らすでしょうか。必要なところに予算を使うのはあたりまえです。
本会議で共産党のか一郎議員が、財政力指数などの指標をもとにした質問に市長は「血と涙で健全化を図った結果であり、それとこれとは別問題」と答弁しました。今、市民が血と涙を流して国保税を支払っているのであって、健全化した財政で、市民のくらしを守らなければ、何のための健全化でしょうか。
委員会質疑でも、賛成した委員は「際限なく一般会計はつぎ込めない」と言いました。しかし、際限ないどころか、赤字の根拠さえ示されていません。本会議でのヤジも含めて、全く情けない議会でした。採決では、賛成の議論もろくにないままに、共産党以外全員賛成で議決されました。

市民の納得はとうてい得られない

前回の値上げのときには、少なくとも、運営協議からの答申の前後で、各地区公民館で説明会をしています。今回は、増税について一度も市民に知らせていません。市長は議会の最後のあいさつで、「市民への周知を行います」と異例のあいさつをしましたが、この内容でとうてい納得できるものではありません。
by s-akiko01 | 2010-04-27 22:27 | 議会・委員会
4月5日に、「国保をよくする会」が市長へ申し入れをして以降、とりくんだ署名4171筆を市長へ手渡しました。
2週間ほどのとりくみだったにもかかわらず、多くの方が協力してくださいました。切実な声も寄せられました。
27日、10時から、臨時議会が行われます。傍聴にぜひおいでください。
by s-akiko01 | 2010-04-23 20:43 | 活動あれこれ
f0004698_2039311.jpg「ごみ問題を考える山形の会」が、山形広域環境事務組合に対し、新清掃工場についての公開質問状を手渡しました。内容については、臨時議会後にHPにアップしたいと思います。。。
by s-akiko01 | 2010-04-21 20:36 | 活動あれこれ
f0004698_20364161.jpg山形市国保をよくする会と、山形地域社会保障推進協議会が、昼休みデモ行進を行いました。
by s-akiko01 | 2010-04-20 20:34 | 活動あれこれ
f0004698_15532067.jpg今日、「国保を良くする会」23名と党市議団が、市長へ申し入れを行いました。
当局は、市川市長・片桐市民生活部長・石黒国保課長らが対応しました。

■申し入れ内容

 「国民健康保険税の値上げをやめ、減税を求める申し入れ書」を読み上げ、市長に手渡しました。内容は、「もっとも苦しい生活を強いられている人たちのいざというときのよりどころにしているのが国民健康保険。値上げは生活破壊」「増税は消費を冷え込ませ、不況に追い打ちをかける」として、値上げの中止を求めるものです。

■参加者からくちぐちに生活の大変さが語られる

 「所得の1/3が税金でなくなる」自営業の話や、医療機関の関係者からは「国保税をやっと支払って、窓口の医療費が払えない」「その場で請求されない夕方に診療を受けて薬をもらい、未納が増えていく」「4週分の薬を6週に分けて飲む」など、患者の実態が出され、「お金がなくて医療機関にかかるのが遅れ、重症化すれば医療費はよけいにかかる」「窓口へ相談するのは勇気がいる」「相談というが、年金から天引きでむしりとられている」「政権も変わり、決まってから市民に知らせる時代ではない」など、短い時間のなかでも多くの方が切実な要望を市長に伝えました。

■市長「値上げしたくないが、青天井で一般会計からは出せない」

 市長・部長とも頷きながら参加者の話を聞き、予定時間を過ぎても「後ろの方は発言しなくていいんだか」と水を向けるなど、要望を聞く姿勢がありました。

■今日、運営協議会の答申、4月末の臨時議会で提案

 今日が運営協議会の答申でした。議論の場は臨時議会へと移ります(一日のうちに委員会と本会議があると思われます)。「良くする会」署名用紙もできました。値上げ阻止へ、ぜひみなさんのお力をかしてください。
by s-akiko01 | 2010-04-05 15:54 | 活動あれこれ

2002年4月と2005年4月と2013年5月生まれの3人(ゆうかポン・こうくん・そうっち)の子育て中。山形市青田在住の日本共産党市議、佐藤あき子の日記。


by s-akiko01