さとうあきこの活動・育児日記

akiko2ki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

臨時職の子育て

f0004698_16412595.jpg 写真は、最後の日曜日、家庭ごみの有料化についての署名集めをしているところです。
 雨天でしたので、屋根のある生協さんの店舗の外をお借りして行動しました。多くの方が、有料化について知らず、知っている方は「そうそう困る」といって署名をしてくださいました。子連れの方が署名に応じてくれるのが印象的でした。子連れだと立ち止まるのが大変で、他の署名だとなかなかしてもらえないことが多いのですが。子育て中ってどうしてもゴミが増えますよね~、と共感してしまいました。

 最近子育てについて受けた相談で、これは大変と思ったのは、臨時職員の方が、産休できないために、一度退職することになり、2人目以降の出産のときに、上の子が保育園からの退所をせまられるという問題です。正規雇用が減っている中で、同じ悩みをもつ方が多数いるのではないでしょうか。
 2人目の出産って、ほんとうに大変です。第一子のめんどうを見ながら出産の大仕事をこなすのですから…。私自身、2人目のときは入院もしたし、医者に安静にしろと言われて、「どうやって安静にすればいいんだ!」とやり場のない怒りをおぼえたことを思い出しました。もし保育園からゆうかポンが追い出されていたらどうなっていたか。なんで国の制度って、こう実態にあわないのでしょうか。
 
 
by s-akiko01 | 2008-11-30 22:26 | 活動あれこれ

★12月議会はじまる★

 12月議会が始まり、緊急経済対策や家庭ごみ有料化を含む議案が提案されました。
 提案説明に対する質疑で、私は次の内容で質問をしました。
 HPを更新するのがおっくうになっているので、長くなりますが全文ここにアップします。

「市長は先日、市民団体との懇談の中で、家庭ごみの有料化は、「国に押し付けられたものではない」「国の指導などはない」とおっしゃいましたが、この点はそのとおりと考えてよろしいでしょうか」
市長「国は有料化を進めておりますが、押し付けというようなことはありません。自治体の判断によって行うということであります」
「まさに山形市の姿勢が問われているということですが、そこで市長に、法的根拠についてお聞きします。手数料について定めた地方自治法227条では、「普通地方公共団体は、当該普通地方公共団体の事務で特定の者のためにするものにつき、手数料を徴収することができる」としております。逐条地方自治法には、行政実例として「「特定の者のためにするもの」とは(略)一私人の利益または行為のため必要となったものであることを要し、もっぱら普通地方公共団体自体の行政上の必要のためにする事務については手数料は徴収できない」としており、税金の二重取り、税外負担をいましめております。ごみはどの家庭からも出るものであり、特定の者の利益にはあたらない、税金の二重取りであると考えます。 
 現在、国は平成17年5月26日付の環境省告示43号で有料化の活用をうたっており、平成19年6月には、市町村が有料化の導入を図る際の参考として「一般廃棄物処理有料化の手引き」というものを作成しています。
 その論拠としているのが、市が手数料を徴収するのは違法でないとして、原告の請求を却下した、金沢地裁の昭和41年1月28日の判決です。
 ただし、この裁判は当事者双方の合意に基づく「訴え取り下げ」によって裁判そのものが消滅しており、既判力がないと認める議論も有力となっております。
 さらに、平成11年以前は、廃棄物処理法6条の2の6項に手数料の徴収を定めており、地方自治法とは矛盾するけれども、こちらの特別法を優先するという解釈がありました。しかし、平成11年の地方分権一括法の改正で、この法律はなくなったので、市民全員に対する徴収は違法となっているという議論もあります。
 現在は、平成19年10月から有料化を実施した神奈川県藤沢市で、市民三人が弁護士を立てずに行政訴訟を横浜地裁に提訴しており、その結審が、来月の12月8日となっております。
 ただ、ここで法律論争をするということではなくて、この金沢地裁の例ですが、金沢市長は裁判に勝ったにもかかわらず、その年の新年度には有料化をやめて、無料にもどしております。また、こちらは最近の話ですが、札幌市の市長は、有料化すると公約していたのですが、この廃棄物処理法の問題なども聞いて、有料化はしないと明言いたしました。国の押し付けでないということですので、あらためて市長の判断をお聞きかせください」
市長「法的根拠につきましては、確かにその一審の判決、そして平成17年6月に環境省と総務省が共同見解として手数料を徴収できるとしており、過半数の自治体が現在有料化をしております。廃棄物処理法については、あくまで手数料については地方分権一括法に統一したのであって、徴収には問題がないということであります」
「国の見解はそのとおりですが、提案説明にあるとおり、市民の暮らしがこれだけ厳しくなる中で、緊急対策をしようとしている、その一方で、過半数の自治体が有料化しているからといって、その過半数に入るというのは山形市の判断として、大変残念な判断だと申し上げて発言といたします」

 他の問題については委員会で質疑します。12月8日10時からです。傍聴、抽選で5名(委員長が許可すればもっと椅子を入れることもある)ですが、ぜひいらしてください。
by s-akiko01 | 2008-11-27 22:43 | 議会・本会議
f0004698_22384159.jpg 今日は、12月定例市議会の議案の会派勉強会+予算要望+「明るい民主市政をつくる会」の市長交渉を連続して行うというアクロバット日程でした。
 特に今議会は家庭ごみの有料化をめぐって、生活弱者に本当に思いを寄せているのかが問われる状況となり、民主団体の方々もぜひ市長とお話したいということで、こうした日程となりました。

f0004698_2239438.jpg 今回、私が気になったのは、「受益者負担」という言葉を何度も市長が口にしたことです。予算要望の重点項目として、「学童保育の委託金の算定に指導員二人分の給与を含めること」などがありましたが、これを市長は「指導員一人分は受益者負担として保護者に負担していただく」と答えました。
 子育ての受益者を「親」ととらえる考え方について質したかったのですが、日程が詰まっていてできなかったのが心残り…。なのでここに書いてしまいました。トホホ。
by s-akiko01 | 2008-11-25 22:39 | 活動あれこれ
f0004698_22595710.jpg 写真は、市役所の駐車場から出たところで信号待ちの間に撮ったものです。
 雨粒に反射してちょっとキレイに写ったので。
 我が家にも今日、ちいさなツリーを出しました。子どもたちはテレビコマーシャルを見ながら、サンタクロースにこれを頼む、あれを頼む、と話しています。なんか、あさましくてやだなぁ。でもテレビを見せちゃってる時点で、それもあきらめてるってことになるのかも。
 急に寒くなったせいか、子どもたちと私は風邪にやられました;; 子どもが風邪をひくと、タイムスリップしたように何もできなくなりますよね。子育て中のみなさん、要注意の季節です…
by s-akiko01 | 2008-11-24 23:00 | 子どもたちのこと
f0004698_236855.jpg  「ごみ問題を考える山形の会」が環境部長さんらと懇談し、同席しました。
 事前の打ち合わせでは、会の代表・事務局さんは、「自治体だって困っているんだし、一緒にごみ減量にとりくむ立場で申し入れたい」と話していたのですが、懇談がはじまると、これまでの誠意のない対応と審議会の内容を思い出すにつけ、ヒートアップ。
 誠意のない対応と言わざるをえないのは、これまで市が開いた地区懇談会で切実な声がたくさん寄せられたにもかかわらず、市報に「参加者1400人、反対意見35人」などと書かれたこと。そもそも賛否を問う場面もなかった上に、反対意見に拍手が起きた会場もあったのに、明らかに恣意的な広報です。その上、市民からの質問に当局が声を荒げて叱りつけるような場面も。「上山市のほうがごみが少ないのはなぜか」という質問に「ごみを捨てる場所(畑)があるからだ」と、上山市の分別のとりくみを認めない答弁や、「調理品を買うとかならずトレーがついてくる(障害があって調理できない)」という意見に、「買った店に置いてくる勇気が必要」などの答弁もありました。
 審議会委員はというと、「市民の代表」と強調されていますが、天童市や河北に住んでいる方や、県庁の職員が入っている上に、記録を読むと、アンケートもとらずに「市民の多くはやむなしと考えている」との発言があったり、「審議会に諮問しているのに議会で反対の請願を扱うのはおかしい」など、請願権の認識もない委員もいます。
 「有料化の目的はなんですか」との質問に、「経済的動機付け」と言ってみたり、「負担の公平」と言ってみたり、「お金の問題でなくあくまで減量」と言ってみたり、参加者からの質問に答えが二転三転し、道理のなさが浮き彫りになりました。
 条例は12月議会に提案されます。こんな内容で可決するような事態になるなら、市政をチェックする議員の資質が問われると思いませんか?
by s-akiko01 | 2008-11-21 23:07 | 活動あれこれ

色画用紙で切り絵(?)

f0004698_22102254.jpg
f0004698_22104696.jpg
今日は親ばかコーナーです。
(あ、昨日今日は議会報委員会の研修でした。報告以上。)
ゆうかポンに、以前私が使おうと思って買ってあったカード大の色画用紙をあげたら、しばらく何か作業をしていて、「ママあげる~」と持ってきました。
ひろった山茶花の花びらも使って、すごいよ、年長さん!とかなりびっくり。
居間の壁はゆうかポンの作品コーナーにして、誰が見ても親ばかですね…。
by s-akiko01 | 2008-11-19 22:01 | 子どもたちのこと
f0004698_2215101.jpg山形県社会保障推進協議会が毎年行っている自治体キャラバンに参加しました。
後期高齢者医療制度や国保などの医療問題、介護問題、子育て問題などについて申し入れ、懇談しました。

その後、12月定例会の請願のしめきりということで、ごみ問題を考える山形の会の方などが控室を訪れました。
ちなみに、会では21日(金)10:00に環境部長、担当課長らとの懇談を予定、参加される方は9:45に市役所一階ロビー集合です。会には個人でも参加できるので、当日入会OKとのことです。その後、11:30から12:30までほっとなる広場近辺で署名を集めます。通りかかったら署名と激励をお願いします♪
by s-akiko01 | 2008-11-17 22:15 | 活動あれこれ
f0004698_14275477.jpg写真は、食健連のグリーンウェーブの出発式です。私が撮影者なので写っていませんが;;
食料自給率向上の団体署名を集めながら、全国各地で自治体などを訪問し懇談する活動を展開しました。


f0004698_1428428.jpgこちらの写真は、ごみ問題を考える会のつどいです。
ごみの有料化に反対する理由として、「地球温暖化対策は、企業への直接規制で行うべき。ごみの排出の20%しかない家庭に負担を押し付けても解決しない」「プラスチックを燃やす新清掃工場建設計画は温暖化規制に逆行するのでは」などの意見が出ました。
みなさんの意見もぜひおよせください。
by s-akiko01 | 2008-11-14 14:21 | 活動あれこれ
f0004698_1421054.jpg公民館で行われている子育てサロンを見学しました。
この日は、2回目の実施で、23組の親子が参加していました。
ボランティアでサポートされている、地域の民生委員・児童委員さんのお話では、「サークルなどの人間関係や責任のわずらわしさのない、いつでもこれる場所というところが良いのではないか」とのことでした。
先日子育て支援センターを併設しているとちのみ保育園を見学してきた時も、10月から始めたばかりにもかかわらず、地域の親子がたくさん来ていたことを思い出しました。
地域や家庭の保育能力がなくされている今、こうした活動も大切になっていると感じました。
by s-akiko01 | 2008-11-12 21:13 | 活動あれこれ

演説…後、発熱;;

f0004698_21472518.jpg今日は七日町と駅前で街頭演説をしました。
その後、保育園から呼び出しの電話。こうちゃんが39度の熱。おなかの風邪らしく、おなかも痛いというし、土曜日はいつもの小児科は午前中しかやってないし、夜間診療所に連れていくかどうかかなり迷いましたが、座薬が効いたので、明日まで様子見。こういうときハラハラ心配するのはなんで母親だけなんでしょうか??
そしていつもどおり私も風邪をもらって発熱。鎮痛剤が消費されるこのごろです。やれやれ。
by s-akiko01 | 2008-11-08 21:47 | 子どもたちのこと

2002年4月と2005年4月と2013年5月生まれの3人(ゆうかポン・こうくん・そうっち)の子育て中。山形市青田在住の日本共産党市議、佐藤あき子の日記。


by s-akiko01