さとうあきこの活動・育児日記

akiko2ki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

たんぽぽ会20th記念のつどいに参加

f0004698_2361926.jpg 安心して働きたいと願う女性が中心になってつくられた、共同保育所「たんぽぽ保育園」が認可保育園となり、社会福祉法人たんぽぽ会が設立されてから20年が経ちました。現在は、今年4月に開園した「とちの実保育園」、平清水の「たつのこ保育園」を含む3園に発展し、本当に多くの働く子育て家庭を支えています。
 3日、山形国際ホテルで創立20周年を祝うつどいが開かれ、たつのこ保育園の保護者として出席しました。
 たんぽぽ・たつのこ保育園の子どもたちも運動会などで踊る民舞「荒馬」を保育士が披露(写真)、その迫力に感動するうちに、山梨大学の加藤繁美教授が「子どもへの責任」と題して、この20年間の保育をとりまく状況が、子どもの願いを置き去りにして、危機的な事態となっていること、生きる喜びと希望を育てる保育のために、子どもと大人がどこへ向かえばいいのか、深い内容の記念講演を行いました。
 第二部では、とちの実保育園園長の阿部さんが「女性の働く権利」と「子どもが健やかに育つ権利」の「同時保障」という理念について話し、たつのこ保育園園長の峯田さんがスライドでたんぽぽ会の20年について話したほか、設立にかかわった多くの方が思い出を語り、たんぽぽ共同保育所で育った、とちの実保育園の保育士さんの発言で閉会となりました。
 市民の願いから出発した、理念に支えられた保育実践に保護者として触れることができる幸せを感じるとともに、公的保育の後退を許さない活動に力を尽くす決意を新たにしました。
by s-akiko01 | 2008-11-03 23:03 | 活動あれこれ

2002年4月と2005年4月と2013年5月生まれの3人(ゆうかポン・こうくん・そうっち)の子育て中。山形市青田在住の日本共産党市議、佐藤あき子の日記。


by s-akiko01