さとうあきこの活動・育児日記

akiko2ki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

学童保育の交渉に参加・厚労相発言に怒りの街宣

f0004698_22193159.jpg山形市学童保育連絡協議会の、市との交渉に参加してきました。
関係者の運動で、市の委託事業となった学童保育。国の基準よりは良い条件とは言いますが、学童保育の実態にはあらためておどろきました。
・床面積が児童1人一畳分以下の施設が多い。
・手洗い用の水道がなく、調理場と兼用の施設がある。
・くみ取り式のトイレ(!)で、ノロウィルスなどの感染対策ができないところがある。
・100人近い児童にトイレが2つしかない。
・指導員の給与基準は臨時保育士の時給で計算。などなど…
党市議団も学童保育の改善には継続して取り組んできています。
昨年は、100人を超えた滝山こどもクラブの分園の予算を実現しましたが、
その金額は建物に300万円、人件費に200万円というもの。
4月からの受け入れをめざして新築中ですが、
建材をリサイクル品を使ったりしても1500万円かかり、
父母からの借り入れなど、資金繰りに苦労しています。
公的な建物や土地は無償で貸すことになったというのですが、
うまくいくところとそうでないところ、明暗が出てきています。
交渉の中で、指導員の待遇改善を求めたのに対して課長が
「専門職として臨時保育士の基準で計算している。国の基準より出している」
といいましたが、指導員さんは臨時じゃないでしょ(怒)。

f0004698_22195034.jpg↑これだって、厚生労働省がイチバン悪いでしょ!国の基準のひどさときたら…。
とあらためて柳沢厚労相発言に怒りがわきます。
4日に、女性後援会の方と街頭演説をしてきました。
こちらも私が写真を撮っているので、私はいませんが…。
f0004698_2220231.jpg

私の演説は天気にも後押しされて、420回になりました♪
by s-akiko01 | 2007-02-06 22:23 | 活動あれこれ

2002年4月と2005年4月と2013年5月生まれの3人(ゆうかポン・こうくん・そうっち)の子育て中。山形市青田在住の日本共産党市議、佐藤あき子の日記。


by s-akiko01