さとうあきこの活動・育児日記

akiko2ki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

予算分科会 保育園今後2年で5園増設へ!

 午前中、予算委員会の厚生分科会で、9月補正予算の審議がありました。
 重要だと思われる施策がたくさんあったので、ご紹介します。

 住宅手当が10月1日からはじまります。2年以内に離職した方で、住宅を喪失した方、または住宅を喪失する恐れのある、就労意欲のある方に対し、単身世帯で3万1千円、複数世帯で4万円を上限とする住宅手当が支給されます。一定の収入以下で、預金額が単身で50万円、複数で100万円以下の方が対象です。

 そして、保育園の整備について、県の「安心こども基金」を使って今後2年間で5園を整備する予算が提案されました。私は「市保連の保護者向けのアンケートで毎年、市政に望むこととして、『待機児童の解消』があげられてくる。すでに入所している保護者の一番の願いとして待機児童の解消があがってくるということは、入所が決まるまでの精神的苦痛の大きさをあらわしているのではないか。今経済状況が大変な中で、実際には妊娠リストラ・出産リストラが横行している。保育園に入れれば働ける人が働けないでいる。女性にとって子どもを産んで仕事を失うということは、生活がなりたたない上に生きがいや自己実現の場もなくすということ。そういう苦痛を放置している限り、いくら他に良い施策を実施しても、『どこが子育て支援なの?』という声はなくせない。一刻も早い待機児童の解消を求め、今回の措置は歓迎する」と述べました。

 また、子育て施策では、3人乗り自転車(BAAマークのついたもので、市内で購入したもの)の購入費を、上限3万円で2分の1補助する予算も提案されました。就学前児童が2人いて、一人は新生児であることが条件です(自転車に乗れるのはお座りできてからなので、ちょっと変な気もしますが…)。*私の勘違いでした。就学前児童が2人いれば、新生児でなくてもOKです。次のブログ参照。 子育て応援特別手当の第一子からの支給もあります(前回第2子だけ出して不評だったもの)。

 介護施設も、平成23年度までに計画を前倒しして施設を増設する予算が提案され、「特養待機者のうち緊急性の高い方はどのくらいか」質したところ、「自宅で見られないとされるAランクが待機者の半分を超える(つまり600人はいるということ)」との答弁があり、「緊急性の高い方がなるべく早く入所できるように整備をすすめてほしい」と述べました。

 
 
by s-akiko01 | 2009-09-15 13:09 | 議会・委員会

2002年4月と2005年4月と2013年5月生まれの3人(ゆうかポン・こうくん・そうっち)の子育て中。山形市青田在住の日本共産党市議、佐藤あき子の日記。


by s-akiko01