さとうあきこの活動・育児日記

akiko2ki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

南小PTA講演会

 「子どもの自立を助けるかかわり」と題して、山形大学の松崎学教授が講演しました。
これがとっても納得!の内容で、ぜひ多くの人に紹介したいのですが、ブログで長文書いても誰も読まないでしょうね;;
 「自立した人間」「社会と調和した人間」を育てるには、「自分に能力があると思える」「ほかの人を自分の仲間だと思える」人間に育てなければならないこと。そのためには、上下関係でなく対等な関係を構築する必要があり、「コミュニケーションのしかたが関係をつくる」として、その技術についても紹介されました。
 「Iメッセージ」(相手のことを言うのでなく、事実や自分の感情を伝える)はいろいろなところで紹介されているので、私も知識としては知っていましたが、「自分の感情を表現することで自分を尊重し、同時に相手の感情は相手にまかせる、押し付けないことで、相手も尊重するやり方」との説明には、深く納得しました。そして、「Iメッセージ」でも怒って言ったのでは「Youメッセージ」になること、自分もこれだなぁと笑ってしまいました(「ママは悲しいよ!」と怒って言ったらyouメッセージになる(*´ 艸`))。
 また、「ほめる」のは上から目線であって、たとえば友達に手伝ってもらって「いい子ね」とは言わないこと、親の価値判断を押し付け、社会的評価基準は育てても、自己内価値基準が育たないこと、なども目からウロコでした。
 ほかにも問題解決の仕方や、勇気づけるコミュニケーションのこと、ポジティブなエネルギーをもらえる家族関係が大切なことなど、実践的な内容でした。
 自分自身では余裕がなさ過ぎて、実践できそうにない部分もあるけれど、徐々に対等な人間関係をめざしていきたいと思えました。自分自身も自己内価値基準が育っていないので、子どもと一緒に自分を育てていきたい…できるかな?
by s-akiko01 | 2009-09-11 14:58 | 子どもたちのこと

2002年4月と2005年4月と2013年5月生まれの3人(ゆうかポン・こうくん・そうっち)の子育て中。山形市青田在住の日本共産党市議、佐藤あき子の日記。


by s-akiko01