さとうあきこの活動・育児日記

akiko2ki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

決算分科会の続き

 決算分科会は先週の金曜日に続いて行われました。
 まず保育園の待機児童の保護者がフルタイムで核家族の場合でも待機しているか質したところ、それでも入所できない方がいるとの答弁があり、「完全に保育に欠けた状況でも待機しているのは問題」と述べました。明日審議予定の補正予算で保育園増設の予算があるため、指摘にとどめました。待機児童ゼロ自治体の、未就学児数に対する保育園定員は36%であり、山形市にあてはめると4千人ですが、実際の定員は3千人弱となっています。別の委員が「保育園を増やしても待機児童が減らない」と発言しましたが、潜在的な需要が次々に表面化しているだけであり、あたりまえともいえます。
 また、学童保育について、「これまで公設民営を主張してきたが、学童保育の施設は、民間の家を借りたり、アパートを借りたりと、バラバラな状況にある。今市は学校や市の施設の利用をすすめているが、経過措置として、家賃補助を引き上げられないか。山形市は上限6万円だが、天童で8万円、鶴岡では10万円上限となっている」と質すと、「家賃補助の上限を越えているのは一部の施設であり、今後考えていきたい」と答弁がありました。さらに「国では補助金をふやしており、放課後の時間が豊かに過ごせるように改善してほしい」とのべました。
by s-akiko01 | 2009-09-14 14:48 | 議会・委員会

2002年4月と2005年4月と2013年5月生まれの3人(ゆうかポン・こうくん・そうっち)の子育て中。山形市青田在住の日本共産党市議、佐藤あき子の日記。


by s-akiko01