さとうあきこの活動・育児日記

akiko2ki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

社会福祉大会

f0004698_1512037.jpg第54回山形市民総合社会福祉大会が山形テルサで行われました。
講談師の神田織音さんが「成年後見制度講談」を3話行い、どれも切ない内容でしたが、特に3話目の京都桂川・親子心中事件を題材とした「生まれ変わっても母の子に」は、まじめに働き家族を養ってきた人間が母を手にかけるまで追い詰められていくさまが情感たっぷりに語られ、この経済大国(最近は多くの方がそんな実感を持てないと思いますが…)でなぜこうした事件が後を絶たないのか、本当に考えさせられました。山形でも、こうした心中事件が起きています。

本人に知識がないことも悲劇を深くしています。社会のしくみや権利について、またその権利を獲得してきた歴史について、もっと義務教育で教えるべきではないでしょうか。
コスタリカでは、小学校に入ると一番に「誰もが大切にされる権利がある」ことを教えられるそうです。幸福度調査世界一のデンマークでは、子どもが小さいうちは点数をつけるためのテストはしないそうです。
日本社会が本当の意味で民主的な社会になるには、自己を確立できる民主的な教育を受けた子どもが大人になって次世代を育てるまで、まだ未来のことになりそうな気がします。
by s-akiko01 | 2009-07-28 14:51 | 行事

2002年4月と2005年4月と2013年5月生まれの3人(ゆうかポン・こうくん・そうっち)の子育て中。山形市青田在住の日本共産党市議、佐藤あき子の日記。


by s-akiko01